フコイダンとは

フコイダンとは、モズクやメカブや昆布などの、海藻(褐藻類)の表面を覆うヌメリ成分中に含まれる繊維質多糖類です。海で取れたての海藻類がヌルヌルしていますね。フコイダンとは、実はそのヌルヌル成分のことなのです。フコイダンのヌルヌル成分は硫酸基で、人の胃の粘膜成分と同じ成分です。フコイダンは、1キログラムのもずくから、1グラムしか取れない大変貴重なものなのです。

フコイダンの他にも海藻類には、ミネラルやビタミン等の栄養源、コレステロール吸収抑制作用が注目されるアルギン酸、血圧降下作用が注目されるラミニン等も含まれ、健康や美容、栄養補給など各分野で研究が重ねられています。フコイダンは1913年スウェーデンの学者「キリン教授」が昆布のヌメリ成分の中から発見したもので、海藻の種類にもよりますが、乾燥重量の約4%に含まれています。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。